適性検査なんて怖くない!?適性検査の実態

適性検査は採用の第一関門って本当?

多くの企業が人材採用の中で適性検査を行っています。適性検査は足切りのツールで、突破しなければ次の段階に進むことができないという声を聞くことがあります。しかし実際は、選考段階の途中で実施されたり、内定後に行われたり、と企業により適性検査の導入方法は様々です。また、適性検査があまりできなかったのに内定を得ることができたという人もおり、適性検査は振るい落とすためだけに用いられると考えるのは少し違うのかもしれません。

適性検査の内容を知ろう

適性検査といっても、その内容は多岐にわたります。能力検査、学力検査はもちろんのこと、性格検査やストレス耐性検査などの心理テストも含まれます。応募者数が多い人気企業の中には、選考業務の負荷を軽くするため、選考の第一ステップとしてWEB上で適性検査を実施し、足切りを実施する場合があります。一方で、面接だけではわからない、会社の風土にあった性格や思考を持った人材を確保するために適性検査を取り入れている企業も多数存在します。最終面接後に適性検査を行い、採用後の配属先決定のツールとして活用するという企業もあります。

採用される側も適性検査を活用しよう

適性検査は様々ありますが、知能をはかるタイプの検査の場合はその出題方法に慣れておくことは大切です。ただし、受験とは違い適性検査のみで合否が決まることはないため、面接の準備が最重要になります。パーソナリティを知るための適性検査は嘘をつかずに素直に答えたほうがよいでしょう。嘘をついて内定を得ても、企業風土のとのミスマッチで辛くなり、すぐに辞めてしまったなんてことにもなりかねません。適性検査は自分に合った企業をみつけるための客観的なツールと考えてみてもいいですね。

多くの企業の採用選考で使用されている適性検査。数学や国語の問題が出題される能力検査や、各個人の特性を判断する性格検査など内容は多岐にわたっており、企業によって出題される問題も異なります。