社員にどんな教育をする?社内と社外どちらの教育がいい?

自分で理解に導く社員研修

学校教育では教えられる教育が多いでしょう。先生から教えられ、その内容だけを覚えようとします。優秀な子供は自分から勉強したりもしますが、よほど興味がないと自分から勉強するのは難しいかもしれません。社員研修を行うときには当然ながら社員に一定の知識や技術を身につけてもらうために行いますが、教えるだけだとなかなか身につけてもらえません。いかに自分で理解し、身につけてくれるかが大事になりそうです。座学だと教えるだけの教育になりがちなので、ゲームなどを交えて自分から参加していける教育などが行われています。楽しみながら積極的に参加し、教育期間が終わったころには教育したかった内容が身につけられています。効果はあるものの仕組みづくりは大変かもしれません。

社外の教育サービスを活用

社員教育を行うとき、社内でプログラムを用意して行うときもあれば、社外の教育サービスを利用するときもあります。大きな会社では人事部があり、中には社員教育を専門的に行う組織もあります。ただ中小企業などでは人事部がないところもあり、社内で行うときは一時的に経理や総務の担当者が行うところもあります。形としての教育は行えても、社員にきちんと伝わる教育ができているかどうかは未知数でしょう。社外の教育サービスは、教育をするためのプログラムと講師をセットにして利用できます。学びたい内容が構築されている上、講師も教えるための教育をしっかり受けています。コストはかかるものの、社外サービスの方が教育効果は高いかもしれません。

管理職研修では、部下のモチベーションを高めるコーチング技術や、パワハラやセクハラ等の問題が発生した場合の対処法を修得します。