ビジネスマナー研修にも活用されるeラーニングはどんなシステム?

eラーニングの概要について

eラーニングとは、インターネットを用いて行う学習のことを指します。元々はパソコンで実施されていましたが、近年ではスマホなどの端末でも利用可能になり、学習者が時間や場所に左右されずに自主学習が行えるのが特徴です。日本では1990年代から広まり始め、ブロードバンドネットワークが爆発的に普及したことをきっかけに広く利用されるようになりました。画像や文章のみならず、音声や動画を用いることでより理解しやすい学習ができることがeラーニングのメリットの一つです。ゲームの手法を取り入れるなど、学習者が高いモチベーションを維持して学べる工夫がされた学習システムも存在します。

社員研修にも用いられているeラーニング

eラーニングは、ビジネスマナー研修などの社員研修にも活用されています。eラーニングでは個人別の習熟度を把握することができるので、レベルに合わせた学習が可能です。理解が不十分な部分は繰り返し学べるのために自分のメースで進めやすく、確実に理解するために役立つでしょう。統一された学習コンテンツを提供できることは、従業員のスキルを統一化することにつながります。対象が何万人といる場合でも、研修内容に差がついてしまうことを防止するのに有効です。デメリットとしては従業員のモチベーション維持が難しい点が挙げられます。集団で一緒に行う研修では生まれやすい従業員同士のコミュニケーションが、eラーニングではなくなってしまうのも問題です。従業員同士で交流し刺激し合える環境を整えるなど、孤独な学習にならないことが大切です。

「派遣のeラーニング」はインターネットを利用した双方向型学習システム(eラーニング)を使い、派遣社員向けのキャリア教育訓練支援を行うサービスです。時間や場所を選ばず、社員自身のペースで学習できます。