知っているようで知らなかった!倉庫と物置の違い

倉庫と物置は混同しがち

私たちの身近にもある倉庫と物置ですが、違いはなに?と聞かれるとドキッとする方も多いのではないでしょうか。意外にあいまいに覚えている倉庫と物置ですが、ここではその違いをお伝えしていきます。まず倉庫とは、貨物や物品を一時保管したり貯蔵する建物になり、営利目的で使用する比較的大きな建物のことをいいます。一方物置は、使わなくなったものをしばらくの間保管しておくなど、主に家庭用で使われる比較的小さな建物のことをいいます。

似たような意味で捉えたりしてしまいますが、規模と用途が明確に違いますね。物流拠点として使用する建物は倉庫、家においてある小さな建物は物置と多くの方が捉えますが、解説を聞くと違いがハッキリしてスッキリしますね。

見分けがつかない場合も

倉庫と物置の違いは大きさや用途で判断しますが、見分けがつかない場合もあります。それは、個人で所有している大きな建物のときです。物置として個人所有者は利用していますが、明らかに世間一般の方が物置とは想像しづらい規模の時があります。その時の分別の仕方としては、用途で判断すると分かりやすくなります。営利目的であれば「営業倉庫」、家庭用の場合は「自家倉庫」と分けられます。このように規模だけで見ると、倉庫と物置が一緒になることもあるために、多くの方が倉庫と物置の基準が分からなくなってしまうのでしょう。建物の大きさだけで覚えていたら混同していまいますので、営利目的か家庭用か、という基準も覚えておけば間違うことはありません。

物流はその地にない物を届けてその地を潤します。今私たちが何不自由なく暮らせているのはこのサービスのおかげで、これが無ければ住める場所も限られてくるほどです。