ワンポイント付きのポリ袋の良いところとは?

宣伝効果が期待できる

小売店では、品物を渡す際にポリ袋を利用することがよくあります。ポリ袋は軽いだけでなく、水濡れに強いという特徴もあり食品を扱う店での需要も高いです。街中を歩いていると、様々な大きさやデザインのポリ袋を持ち歩く人を見かけます。特に中でも目立つのが、店舗やメーカーの名前などが印刷されたものです。白いシンプルなポリ袋でも、ワンポイントの印刷が入っているだけで印象がだいぶ変わります。また、店舗名やメーカー名が印刷されたポリ袋には宣伝効果も期待できるでしょう。袋を持っている人が街中を歩くだけで、多くの人に店舗名を知ってもらうことができます。

オリジナルショッパーを作ってみましょう

店舗やメーカーで独自に作った袋は、一般的にオリジナルショッパーと呼ばれています。オリジナルショッパーとは、店頭で品物を購入したときに使われる紙袋やポリ袋の総称です。白い袋にワンポイントが印刷されたシンプルものだけでなく、袋全体に模様などが印刷されたタイプなど色々な種類があります。どちらも業者に依頼して作成するという点では同じですが、必要な費用が異なるので注意しましょう。印刷については、面積が大きくなるほど高額になる傾向があります。同じ面積の印刷でも、単色よりも色を沢山使うほど高額になるので注意が必要です。単色でもベースになる袋自体をカラータイプにすると、比較的費用を抑えることができます。例えば、赤や黒の袋に白いインクでワンポイントを印刷することも可能です。袋とインクでどのような色を使うかによって、同じワンポイントでも印象が大きく異なります。

ポリ袋の印刷は、顧客への販促活動や地域内のイベントなど色々な目的で依頼できるサービスとして、法人や一般の消費者の間で定着しつつあります。