外出先でも打刻が可能!!リアルタイムで打刻情報が得られる仕組み!!

Webにアクセスして打刻できる仕組み

勤怠管理をするときにタイムレコーダーを利用する会社は多いでしょう。社内などにカードを読み取る装置を置いておき、出社した社員が打刻をしていきます。ただこの仕組みには会社に出勤せずに仕事をする人の打刻ができない問題点があります。客先に直行する人や出張をしている人、日常的な仕事を自宅で行っている人などは打刻ができません。そこで勤怠管理アプリの中でもWeb打刻機能を搭載したものを検討してみましょう。パソコンやスマホなどWebサイトにアクセスできるアイテムから所定のサイトにアクセスします。するとアクセスした時間が出社時間や退勤時間として登録される仕組みです。誰でもどこからでも打刻ができるので、より正確な勤怠管理ができるでしょう。

打刻情報がリアルタイムに集計できる

タイムレコーダーを利用して各社員の勤怠状況を記録できますが、タイムカードで打刻するタイプだとその情報が得られるのは月の終わりや翌月始めなどになります。社員によっては遅刻が多かったり無駄な残業が多いなど勤務状況に問題がある人がいて、問題があるときにすぐに注意したいときもあります。タイムレコーダー選びでは、打刻した情報がリアルタイムで管理部署に届くタイプが良いかも知れません。タイムレコーダーがネットワークに接続されていれば、遅刻や残業があるとその都度把握できます。人事部などから直接問題を指摘するときもあるでしょうし、遅刻をした人の上司に伝えて対応してもらうときもあるでしょう。問題があってもすぐに改善してもらいやすくなります。

タイムレコーダーは、勤怠管理をする際の重要な業務用具として使用されています。1秒でもずれてしまうと正確な勤怠状況把握が出来ないので、信頼のおける製品を使う事が大切です。