自作できる電気製品にはどんなものがあるの?

世界に1つだけの自分好みのパソコンを作ろう!

自作できる家電製品の代表格ともいえるのがパソコンです。しかし、いきなりパソコンはハードルが高いのではないかと不安に思う方もいるかもしれません。しかし、パソコンの自作はそう難しいものではないのです。その理由の1つに、パソコンは自作する人も比較的多いことから、CPUやマザーボードなどの部品を販売しているお店が少なくありません。部品も手軽に手に入れられますし、お店によっては初めてパソコンを自作する人のためのセットも販売されているなど、自作のハードルが低くなっている傾向もあります。
部品を組み合わせていく楽しさと、自分の特に必要とするスペックを重視させたものを作り出すことが出来るという実用性から、まずパソコンを自作家電のデビュー作に選ぶという人も少なくないようです。

色々な便利家電を自分の手で作り出そう!

一度電子回路などの設計を覚え、コツをつかみ始めれば市販されていない自分だけの家電を作り出すことも可能になります。例えば商業施設などにあるような、センサー式で人が入ってくると自動的に点灯し、いなくなると自動的に消灯する装置も慣れてくれば自作できるようになります。
熱感知センサーやタイマーなどを組み込むことにより、スイッチ不要の照明機器にすることが出来ます。さらに昔懐かしの壊れたビデオデッキを復活させてみたり、子供部屋の照明をLEDにより、まるで星空のような照明にしてみたりと、私たちの毎日使うような身近な家電づくりも自由自在です。そんな魅力たっぷりの自作家電に興味のある人は、簡単なものから一度チャレンジしてみるのも良いかもしれません。

プリント基板設計は電化製品やデバイスなどで使用される技術です。トランジスタなどの電子部品を基板上に配置し、製品の用途に合わせた機能を実現します。