社内報は社内のコミュニケーションツール!知らない人に知ってもらえる機会!

社内報で宣伝することができる

会社にいると隣の部署が何を扱っているかを知らないことがあります。そのような場合、隣の部署の商品を自分の顧客に紹介したくてもできないということがあるでしょう。そんなときに社内報を活用するのです。紹介して欲しい商品や顧客を社内報で募っておけば、協力してくれる同僚が出てきます。社内報を活用しきれていていないと、このようなコラボレーションはできません。社内向けの雑誌だからこそ、有効利用する方法は色々とあるのです。

社内報を仕事に役立たせるために

社内報ができるのは商品の紹介だけではありません。情報を仕入れることができるのです。知らない分野の情報は社内であっても、なかなか回ってこないことが多いです。そのため顧客からの問い合わせに答えられないことがあるのです。そんなときに社内報である程度の情報を仕入れておけば、顧客との会話で活用することができます。商品についてもっと知りたいのであれば、担当部署に電話するだけで知ることができます。この流れを作っているのは、社内報が知るきっかけになるからです。

横のつながりを作るのが社内報の活用方法

横のつながりを強化するために、社内報を活用することはよくあります。社内報の企画で他部署との交流を定期的にすることができれば、新しい人脈になります。それを広げることができれば、段々と社内でコラボしやすい環境が生まれるでしょう。社内報はきっかけですが、それがなければ人は動かないものです。一回限りの企画ではなく、定期的に行うことで横のつながりを強化することができます。

社内報とは、社内広報を行うためのツールのことです。冊子などの紙媒体が一般的ですが、最近では、WEBによるものも多くなってきています。