タクシー運転手の仕事を長続きさせるには会社選びが肝心!

二種免許の取得や研修のサポートが手厚い会社を選ぼう

タクシー運転手の仕事は、業務経験が少ない人や中高年者でも始めやすいというメリットがあり、多くの求職者から人気が集まっています。そうした中、タクシー運転手として長く働き続けたい場合には、二種免許の取得や、免許取得後の研修などサポートが手厚いタクシー会社に就職をすることがおすすめです。最近では、ドライバーの離職を防ぐために、様々な形で業務のフォローを行っているタクシー会社も多くあり、評判が良い会社の取り組みを早めにチェックしてみましょう。なお、会社によっては将来的に管理職を目指す人を対象とした教育にも力を入れているところがあり、若手のドライバーも働きやすい環境が整っています。

労働時間や出勤日数を自由に選べる会社も増えている

人手不足の状況にあるタクシー会社の中には、正社員の他にパートタイムのドライバーの求人も募集して、労働時間や出勤日数を自由に選べるようにしているところも少なくありません。そのため、求職活動中の人や定年退職をしたばかりの人も自分のペースで働くことが可能です。また、夜勤を担当するドライバーを対象に高額な手当を支給したり、ボーナスの査定をアップしたりしている会社の数も増えています。そこで、待遇面を重視してタクシー運転手の仕事を探したい場合には、各地のタクシー会社の給料のシステムや運転手の働き方などをじっくりと比較してみましょう。その他、身近にタクシー運転手の経験がある人が居れば、働きやすい会社を紹介してもらうのも良いでしょう。

役員運転手は、会社役員の外出時に車を運転して送迎する仕事を行います。洗車なども行い、綺麗な車で配慮ある運転を求められます。